高く売る為の条件

男性

中古車を売る時には、少しでも高く買い取ってもらいたいものです。中古車の高価買取には、条件があります。よく知られていることですが、一般的に年式が新しいものほど、買取額が有利になります。もちろん、走行距離が少ないことも高価買取の可能性が大です。

 

走行距離は、標準年間総距離を基本として判断されます。標準年間総距離とは、一般的にドライバーが年間で走行する距離の平均値のことで、およそ年間6,500Kmと言われています。この平均値よりも少ない場合には、高価査定の条件になると言えるでしょう。

 

中古車市場で人気のある車種は、高価買取りになります。ただ中古車の人気は流行にも左右されるので、変動が激しく、一概には言えないものです。その中でも変動しにくいポイントもあります。車体の色においては、シルバー系、ホワイト系、黒色が常に人気があると言われています。同車種でみても、色の違いだけで数十万円の査定額の開きがあることもあります。新車発売時、CMなどで起用されているカラーが人気色になり購入する人が多いようですが、中古車として売る時には不人気になっている可能性があり、査定にマイナスの要因になりがちです。

 

最初から売却を視野に入れているのであれば、定番色を選んでおく方が賢明です。車種でいうと、BMWやベンツは、国内で安定した人気があるために、査定額の値崩れがあまりないとされています。また、車に愛情をもってメンテナンスをしている方が、高価買取になります。法定点検整備を受けているなどの点検整備の記録が残っていると、査定時の評価が高くなります。その他、エンジンオイルの交換、タバコや食べ物のニオイ、車内清掃にも気を遣って使用しているとプラスになる可能性が高いのでオススメです。

 

また装備品などは、カスタマイズしたものよりも、純正品の方が好まれます。万が一、社外品のパーツに取り替えて使用したとしても、必ず純正品は保管しておきましょう。車検が残っているうちに、買取りに出すことも高価買取の条件として、重要ですよ。