買取の必要書類

青い車

中古車の売却が成立した場合には、手続きに入ります。売却の際は、いくつかの書類が必要になってきます。車買取に必要な書類は、契約先で指示してくれますので、その通りに揃えていけば問題ないでしょう。

 

万が一、書類に不備があるとスムーズに手続きが行えなくなってしまいます。日にちが経ってしまうと、場合によっては再審査が必要になり、査定額も変わってしまうことがありますので気をつけましょう。

 

普通自動車の売却で必要な書類

「車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証、実印、印鑑証明」などが一般的です。その他必要になる、「委任状、譲渡証明書」は、契約先が用意してくれるはずです。あとは状況によって、必要になるものもあります。例えば、結婚などで姓が変わっている場合には「戸籍謄本」が必要です。

 

引越しなどで登録内容が変わっている場合

「住民票」も必要になります。もしローンが残っている状態で車を売却するのであれば、「所有権解除書類」も用意しなければなりません。

 

軽自動車の売却

必要な書類が変わります。軽自動車の場合には、「車検証、自賠責保険証、自動車の納税通知書、認め印」を準備しましょう。その他、契約先が準備してくれる「自動車検査証記入申請書」も必要です。場合によっては、「リサイクル券」がいるときもあります。もしも、友人や知人に車を売る場合やオークションで車を売ったりする場合には、自分で陸運局に行って名義変更等の手続きを行います。この手続きをしなければ、翌年の自動車税の請求が自分のところにきてしまいます。

 

普通自動車の名義変更

「車検証、自賠責保険証、新所有者の車庫証明書、印鑑登録証明書、自動車税納税証明書、譲渡証明書、委任状、住民票」などが一般的です。名義変更手続きは、最寄りの警察署で「車庫証明書」をもらい、必要書類を揃えて新所有者の地域の陸運局で手続きを行います。最後に、自動車税、自動車取得税の申告を行います。個人売買の場合は、車を売る側と買う側が、必要書類を準備して、通常は売る側が買う側の書類を持って手続きにいくのがスムーズです。